タイトルイメージ
本文へジャンプ

「お父さん、今日お隣の黒川さんから町内の少年野球チームに入らないかと、ユニフォームを頂いたの」。
 それは、長男が小学校に入学した昭和59年(1984年)4月のある日の妻の言葉です。今想い返せばこの一言から私の審判員人生が始まったのでした。

 私達夫婦は、2学年ずつ離れた3人の男の子に恵まれ、それぞれベビー時から水泳教室に通い子供達の健康に気を使っていました。

 最初は、健康のためと思っていても、泳げるようになると、今度はタイムが早くなるようにと、親の欲が出てきたりもしたのですが、やはり親の血統か運動神経は優れずに「鈴木 大地」(ソウルオリンピック背泳ぎの金メダリスト)君にはとてもなれませんでした。

 今でもその血筋は母系の運動オンチと私は主張しています。妻は、子供時代から体育は苦手、女系家族のためスポーツはまるで興味がなかったと証言しております。
 一方父親の私は、小学時代から「かけっこ」は、クラスで1番か2番、中学・高校時代は卓球部でクラブ活動をしていました。
息子は母親の血統を大きく受け継ぐこの説については、別途でやりたいテーマですね。

 小学校入学を機会に、長男には集団での生活(サークル活動)にいれさせたいとも考えていた矢先だったのです、なんとタイミングの良いことでしょうか。しかも、もう一軒のお隣さんは、我が家と同じ3兄弟で、彼らは「ボーイスカウト」の活動をしていたので、「ボーイスカウト」か「野球」のどちらかに愚息をいれようと夫婦の会話があったのです。(今も夫婦の会話罵り合い、責任の擦り合いは、あります。)

 もし、あの時「ボーイスカウト」への誘いが早ければ、また違った出会いで、私や家族の人生も大きく変わっていたに違いありません。きっと私達と野球が見えない赤い糸で結ばれていたのですね。(かなりキザな書き方で、運命論者風ですが。)

 団塊世代の私には、「野球ユニフォーム」は憧れです。子供時代にとても家計が許せない高嶺の花だったからです。
 親が出来なかったことを子供に託したいとの気持ちもあったのでしょうが、長男が「野球」を選んだことを私が一番喜んでいたのかもしれません。

 ついに運命の、町内少年野球チーム「影取スターズ」(平成17年・2005年、隣町チームと合併して消滅)に長男は、入団することになります。妻は、当初大変喜びました。少年野球は会費が安い(スイミングスクールと比較)し、毎週末には子供から開放されるからです。

 しかし、入団してから間もない5月の連休時に練習を見学に行って驚いたのです。
「息子がいない!!!」